妊婦が体重増加5ヵ月目からは特に気を引き締めたい!妊婦の体重が増えすぎたらこんなトラブルも。。。

妊婦の私に向って祖母がよく「赤ちゃんの分も妊婦は多めに食べなさい」「妊婦はご飯はおかわりをして栄養をつけないとダメだよ」と言っていました。最初は、祖母の言うことをきいて、しっかり3食大盛りで食べて、間食であるおやつも残さず食べてたマタニティライフを送ってて、体重が増加することなんてちっとも考えてなかったんです。

 

 

そしたら、妊娠中期の尿検査で引っかかってしまい、体重増加、食生活の乱れを注意されてしまいました。


 

体重増加したことではじめて妊婦として自分の食生活に原因があることに気づかされたんです。

 

妊婦になって、体重の増加に対して油断してしまう気持ちが生まれるのは仕方ありません。
しかし、私の経験上、言えることがあります。それは、

 

  • 体重管理、自己管理を徹底すること
  • 体重増加しないためにもその管理に対して責任を持って守る事

これこそが妊婦が異常な体重増加を防ぐための土台になります。

 

体重増加で悩みたくない妊婦さんは要チェック!今ならお試し680円!めっちゃぜいたくフルーツ青汁公式サイト

https://specialty-greendrink.jp/

 

 

 

妊婦が体重増加しやすいワケとは?

 

 

胎児の主な栄養源は「糖質」です。
この糖質を母体で蓄えるために脂肪が必要になってきます。
だから・・・・体重増加する?!↓


妊娠したことによって皮下脂肪がつきやすくなるから妊婦は体重増加しやすい!


皮下脂肪とは、皮膚の下にある皮下組織という部分につく脂肪です。

 

皮下脂肪は、一度ついてしまうと落ちにくく、男性よりも女性の方につきやすい性質があります。
ダイエットをする上で厄介なのがこの皮下脂肪です、体重増加しやすいってこと、でも妊婦にとっては厄介とは少し違います。

 

ある程度の皮下脂肪は、赤ちゃんを守る上で必要になってくるからです。

 

しかし、あくまでも「ある程度」の皮下脂肪で十分。「ある程度」以上の皮下脂肪がついてしまって体重増加すると、体重増加したことによる
\とになってしまいますので注意が必要です。

 

血液・水分が増えるから妊婦は体重増加しやすい!


妊婦は出産に向けて血液の量が普段の1.4倍に多くなります。だいたい7,000㏄も増えていることになります。これも体重増加の要因?ですよねえ。

 

子宮にいる赤ちゃんのためにも血液を循環させなければいけないので血液量を増やすということはとても重要な役割があります。

 

 

 

しかし、体重が増加するのが心配だからと言って痩せすぎても胎児の発育に影響を及ぼしてしまいます。
そして体重増加し過ぎると合併症などのトラブルの元になります。
体重増加?痩せすぎ?そのような状態を回避するためにも妊婦の体重管理はとっても大事になってきますよね。


 

妊婦の体重増えすぎたら生じるトラブルとは?


妊婦の体重増加は様々なトラブルを引き起こします。体重増加によって、増えすぎたらどのようなトラブルが起こるのか把握しておくことで、体重が増加するのを回避するような生活を送れますのでぜひ知っておいてもらいたいです。

 

妊婦が体重増加しすぎることで妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)のリスクが高まります!

妊娠中毒症とは、妊娠高血圧症候群のことをいいます。

 

・高血圧
妊娠中の高血圧とは最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90mmHg以上のことをいいます。

 

・尿タンパク
15mg/dl以下(~)、15~30mg/dl(±)で陰性、30mg/dl以上(+)出ていると陽性となります。

 

・むくみ(浮腫)
むくみが出た次の日になってむくみがおさまるようなら問題はあまりありません。

 

これらが該当すれば妊娠中毒症だといわれています。
ただし、妊娠前から発症しているものではなく、妊婦になってから症状が出たものに限ります。

 

むくみに関しては、妊婦の30%が起こりやすい症状なので、すぐに妊娠中毒症だと断定することはありません。

 

 

 

もちろん、不安要素ではありますので、少しでもおかしいと感じたら医療機関を受診して下さい。


 

妊婦が体重増加しすぎることで妊娠糖尿病になるリスクが高まります

妊娠糖尿病と聞くと、ちょっと聞こえが悪いですが、名前の通り、妊婦の血糖値が下がりにくい症状のことをいいます。
今は100人中12人が妊娠糖尿病だと言われています。
空腹時血糖値が92~125mg/dlの場合は妊娠糖尿病と診断します。

 

体重が増加すると腰痛・膝痛・妊婦の身体への負担が増えます!

妊婦だからと言って、体を大事にし過ぎて普段より動きを制限したり、外出せずいると体重増加の原因となり、逆効果になってしまいます。
妊婦になっても、普段通りの動きをすることが大切です。

 

妊婦が体重増加すると出産時のトラブルを引き起こすリスクが高まる!

下記に例を挙げます。
・微弱神通…体重増加に伴い、身体に肉が付き過ぎて、大切な赤ちゃんを苦しめてしまう可能性があります。

 

・妊娠線ができやすい…脂肪が増えればその分、お腹も大きくなって妊娠線ができやすい状態になります。


妊婦の体重増加は正常だとどれくらい?その内訳って?

体重増加の悩みに頭を抱える妊婦は数多くいらっしゃいますが、では一体どこまでの体重増加が妊婦には許されるのでしょうか?

 

そもそも油断をしてしまうと想定外の体重が増加しやすいのは、妊婦時代の自分の経験上、実証済みです

 

もちろん個人差はありますが、大抵の妊婦の場合はつわりが終わる頃ぐらいから徐々に体重増加に悩まされていきます。
赤ちゃんがいるのですから体重が増加するのは当たり前ですが、赤ちゃんの分も食べなくちゃという行動は控えましょう。

 

さて、ここで少し考えていただきたいのですが、妊婦の増加した体重の内訳、きちんと理解してますか?
なんとなく…想像はできますが、実際にイメージしながら考えてみましょう。

 

妊婦の体重増加の内訳を知ろう

胎盤 約0.5kg
羊水 約0.5kg
子宮・血液など 約4kg
※母体必須体重増加 約3kg
体重増加の合計 約8kg

※母体必須体重増加とは、母体に必要が体重増加分のことです。

 

例えば、妊娠によって増えた体内の水分や血液、子宮や乳房などの脂肪分です。

 

赤ちゃんの成長と共に、妊婦に必要な体重増加は、妊娠前の体重によって変わってきますが、最低でも約8kg前後の体重の増加は必要になります。

 

妊婦体重を計算してみよう!理想はどれくらい?

 

妊婦の体重増加をより詳しくみていきましょう。

 

BMIの計算方法…BMI=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))

BMI(肥満度)

理想体重増加数

BMI18.5未満(痩せ気味) 10~12kg程度
BMI18.5~25未満(標準) 7~10kg程度
BMI1125以上(太り気味)  5~7kg程度

妊婦だからといっても1週間に500g以上体重が増えないようにしましょう。

 

 

上記の計算式に当てはめていくと、例えば、体重60kgで身長が160cmの人は、
60kg÷(1.6×1.6)=23.4
ということは、標準に該当します。

 

妊婦が体重増加するタイミングを知って危険な時期を無事に乗り越えよう!

BMIによって変動はありますが、ほぼ、下記のような増加量になります。1日に必要なエネルギーも記載するので参考にして下さい。

 

妊娠初期(妊娠2~4カ月) 増加量 1日に必要なエネルギー
妊娠初期(妊娠2~4カ月) 2kg未満の増加 1,800キロカロリー
妊娠中期(妊娠5~7カ月) 5kg未満の増加 2,000キロカロリー
妊娠後期(妊娠8~10ヶ月) 3kg未満の増加 2,250キロカロリー

妊娠初期の頃は、赤ちゃんに栄養をごくわずかしか送れなくても十分なので、あまり体重が増加しないように注意しましょう。

 

妊娠中期になってくると、つわりも落ち着いて一気に体重が増加する危険な時期に突入します。この時期に油断をして一気に太ってしまうと、出産時が大変になってしまうので、妊婦としてしっかりと増加しないよう体重管理を意識した生活を送って下さい。

 

 

 

今までの生活スタイルがあると思うので、無理はしてはいけませんが、赤ちゃんのことを考えるなら、なるべく早い時間に夕飯を終わらせて夜はゆっくりとホットミルクでも飲んで妊婦ライフを過ごせるといいですね。


体重増加で悩みたくない妊婦さんは要チェック!めっちゃぜいたくフルーツ青汁公式サイト

https://specialty-greendrink.jp/

妊婦の過激なダイエットはNG。
でも、予定より大幅に体重増加してしまった妊婦は、出産時に様々なトラブルを抱えてしまう可能性が非常に高くなってしまうので、体重増加しないよう早めに対処しなければいけません。
だからといって赤ちゃんもいる妊婦なのに過度な食事制限?激しい運動?をしてダイエットしますか?

 

いいえ、そんなことはお腹の赤ちゃんのためにも行えません!

 

そこで、最も理想的に妊婦が体重管理を行える一つの方法をお教えします。
それは、「フルーツ青汁を飲む」ということ。

 

もちろん、ただフルーツ青汁を飲んだだけでは体重管理、体重増加を防ぐことは不十分です。
体重増加しないためにはダラダラした生活を改めて、適度な運動も行いましょう。そして、栄養バランスのとれた食事も欠かせません。

 

しかし、妊婦の場合、つわりなどで思うように栄養が摂取するのが難しい時もあります。
そんな時には、「フルーツ青汁」で妊婦に必要な栄養素を十分に取り入れながら、体重増加しないよう体重管理を行えばOK。

 

 

体重が増加してしまってからでは、管理が難しくなるので、ぜひ妊娠がわかった時点から飲み始めましょう。これ、助産師もよく言ってますよね。今は子供も生まれて母乳育児のために桶谷式マッサージに通っているんですけど、助産師の人が言ってました。


めっちゃぜいたくフルーツ青汁で体重増加分を落としたペコちゃんの証拠写真はこちら


妊婦ではないけれど、めっちゃぜいたくフルーツ青汁でダイエットに成功した例として芸能人のペコちゃんの写真を掲載させていただきました。
ペコちゃんは、フルーツ青汁はあえて体重増加を防ぐサポート役として取り入れています。
基本的には、

・遅くても19:00以降は何も食べない
・炭水化物は食べない
・毎日体重をはかって記録する
・毎日食べたものをメモする
・無理せずできる範囲で運動
・毎晩必ず足マッサージ

というようなことを意識してダイエット生活を送ったそうです。
体重増加の状態から、とっても理想的にダイエットに成功してますよね。

 

 

そこで妊婦ですが私もペコちゃん流ダイエットを真似してみました。
成功者を真似するのは、自分も成功する最短ルートですものね。
余分な体重増加分を落とさないと!


 

めっちゃ贅沢フルーツ青汁が届きました

思ってたより大きめの入れ物でした。↓

 

裏面はこんな感じ。↓

 

シルバーの包装。文字も何も記載ありません。ハサミを使わなくても手で切れるので簡単です。↓

 

家にあった青汁と比べてみました。
めっちゃぜいたくフルーツ青汁の方が色がうすい感じがしますよね。↓

色がうすいから栄養素が少ないのかな…なんて思って調べてみたら、他社と比べると、栄養素が各段に豊富に含まれていました。とっても贅沢な配合ですよね。

 

1包を100mlの水またはぬるま湯、牛乳などに混ぜて飲むように…ということだったので、しっかりと水の量を測ってみました。↓

 

水で溶いたので「もしかしたら玉になるかなぁ」と思ったんですが、すっきりと溶けて安心しました。↓

 

普段飲んでた青汁は、結構青臭い感じで飲むときに鼻にツーンときていたのですが、めっちゃぜいたくフルーツ青汁は青臭い香りが全然しませんでした。

 

「え?こんなにフルーツの匂いがして大丈夫?」とビックリして何度も香りを嗅いでしまいました。飲んでみて更に衝撃。

 

色は緑なのに、青汁の味がしないんです。フルーツジュースを薄めた感じ…と例えた方がぴったりきます。↓

 

美味しくてあっという間に飲んでしまいました。た・・・足りない。何杯でも飲めちゃいます。
これなら、いくら飲んでも体重増加の心配いらないですよね。
口さみしいときにもいいな、これは↓

 

毎日野菜をたくさん食べるのは案外大変ですよね。
でも、その分をフルーツ青汁で簡単に素早く摂取できてしまうなんて、とっても理想的です。
しかも、栄養素を取り入れながら体重増加を防ぐことができるなんて、妊娠生活がとても明るくなりました。

 

今まで青汁が体にいいとわかっていても「臭くて飲めない」「味が苦手」という意見が多かったのですが、フルーツ青汁ならそんな心配は全くありません。

 

試して納得しました。妊婦になって体重増加でお悩みの方ぜひお試しください。

 

めっちゃぜいたくフルーツ青汁を飲んでみてメリットをまとめてみました
  • 他の青汁が合わなかった人でも飲みやすいフルーツ味が美味しい
  • 包みが手で開けれるので簡単に飲めるから面倒な私でも続けやすい
  • 妊婦になってから始まった頑固な便秘が改善した
  • 野菜や乳酸菌がたっぷり入っていて妊婦に優しい

 

 

野菜不足を気にするお子様にも飲みやすいフルーツ味の青汁で上の子供も気に入って飲んでます。


めっちゃぜいたくフルーツ青汁を飲んでみたデメリットをまとめてみました
  • 物足りない!もっともっと飲みたくなる。

 

 

とても物足りないのですが…いくら体重増加を防ぐといってもこれを置き換えダイエットなんかにしてしまったら、空腹で倒れそう…。
いくら体重増加を気にしていても妊婦の間は置き換えダイエットはNGです。


 

▼要注意事項▼

 

いきなり妊娠後期になって飲むと、まれにお腹がゆるくなることがあります。

 

後期からでなく、妊娠初期の段階から飲みなれておくことで、妊婦の体重増加を防ぐ管理を徹底して行えます。

 

今なら680円でお試しできます!!


贅沢コースに初めて申し込んだ方は、初月分(30日分/30包)が今なら680円で購入することができます。

ただし300名様限定なので、もしかしたらすでに終了している可能性があります。購入の際には必ずご確認下さい。

 

返金も可能です

万が一、アレルギーが出たり、味が合わなかった場合は返金制度を使うことができます。

 

贅沢コース(毎月自動お届けコース)に初めてお申し込みいただいた方で、既定の期間内に申請すれば、ご購入金額を返金してもらえます。
▼「返金保証」の対象▼

 

贅沢コース(毎月自動お届けコース)で初めて購入される方の、初回分のみです。

 

 

体重増加で悩みたくない妊婦さんは要チェック!今ならお試し680円!めっちゃぜいたくフルーツ青汁公式サイト

https://specialty-greendrink.jp/

 

 

 

 

⇒体重増加で指導を受けていた私の妊婦時代のもっと詳しい体重増加(笑)レビューはこちらにまとめてます。


 

妊婦が体重増加を適正にするために!体重管理の食事療法

バランスの良い食事をとろう!

バランスの良い食事を1日3食、食べるように心がけることが妊婦の体重増加を適正にするための一番のポイントになります。

 

妊婦になると、食べたいものに偏りが出てしまう傾向が強いです。

 

 

 

例えば、「妊娠中、チョコばっかり食べてたの」「私は肉~、いつでも肉が欲しかった」という会話をよく耳にしますよね。それも体重増加の一因です。


 

母子ともに健康で安全な状態を保つためにも妊婦の時の食事管理を徹底しましょう。

 

妊婦が注意したい食べ物はなに?

カフェイン&アルコール


特にアルコールに関しては「胎児性アルコール症候群」という病気があるくらい深刻な問題になっています。
妊婦の過剰なアルコール摂取による影響で生まれてきた赤ちゃんが受ける先天性疾患で、おもにアルコール依存症の母体から生まれる赤ちゃんが発症しやすいです。

 

刺身などの生もの


食中毒を起こす可能性がある、生もの(刺身・生肉・生卵)の摂取を妊婦は控えましょう。カンピロバクター菌やサルモネラ菌の危険もありますので、十分注意が必要です。

 

水銀が含まれている魚


妊婦は水銀を多く含む魚は、妊婦は控えた方が良いとされています。

 

妊婦が注意すべき魚介類の種類とその摂取量(筋肉)の目安

魚介の種類

摂食量(筋肉)の目安

キダイ

1回約80gとして妊婦は週に2回まで

(160g/週間)

 

 

 

 

 

マカジキ
ミナミマグロ
ユメカサゴ
イシイルカ
ヨシキリザメ
キンメダイ

1回約80gとして妊婦は週に1回まで

(80g/週間)

 

 

 

 

 

 

クロマグロ
メカジキ
マッコウクジラ
ツチクジラ
エッチュウバイガイ
メバチマグロ
コビレゴンドウ

1回約80gとして妊婦は2週間に1回まで

(40g/週間)

バンドウイルカ

1回約80gとして妊婦は2ヶ月に1回まで

(10g/週間)

 

魚介類の一般的な重量は以下のとおりです。

寿司、刺身(一貫または一切れ)…15g程度
切り身(一切れ)…80g程度
刺身(一人前)…80g程度

 

 

 

妊婦が毎日食べてもらいたいメニューがあります。

葉酸で成人病リスクを激減させよう


葉酸はビタミンB群の一種で、赤ちゃんの発育にとっても大切なビタミンです。
特にタンパク質や遺伝子を作るのに欠かせません。

 

いつまで葉酸を摂取すればいいのか迷う方もいますが、葉酸に関しては妊娠中ずっと摂取するべきだとされています。
葉酸は、緑の野菜などに多く含まれていますが、つわりなどでなかなか毎日摂取するのが難しいという人にはサプリメントで摂取することをオススメします。

 

1日に摂りたい葉酸の所要量

妊娠してない人…200μg
妊婦…400μg
授乳婦…480μg

 

母体の骨を溶かさないためにカルシウムをとろう


カルシウムは妊娠してない人でも毎日摂取しておきたい栄養素です。
妊婦は赤ちゃんのためにもカルシウムをしっかりと摂取しなければいけません。

 

1日に摂りたいカルシウムの所要量

妊娠してない人…600mg
妊婦…900mg
授乳婦…1100mg

 

貧血防止のために鉄分をとろう


お腹が大きくなってから貧血になってしまうと、とても危険です。
出産の時に出血しますし、妊娠中に十分鉄分を摂取しておきましょう。

1日に摂りたいカルシウムの所要量

妊娠してない人…12mg
妊婦…20mg
授乳婦…20mg

 

食事のストレスから解放されたい人は…


食事療法に悩まされるのは、ナイーブな妊婦生活にとって大きなストレスになってしまう可能性があります。
ストレスは赤ちゃんにとっても悪いことです。母体が安全に健康管理を行える「めっちゃぜいたくフルーツ青汁」をオススメします。
簡単に体重管理もできますし、体重の増加を気にしている妊婦の間でとても話題になっています。

 

フルーツ青汁が、今なら1ヵ月分の30包が89%offの680円でお試しすることができます。
妊婦さんで体重増加にお悩みの方はぜひお試しくださいね。

 

 

公益社団法人日本産科婦人科学会(JSOG) ホームページ
http://www.jsog.or.jp/

 

 

関連語
妊婦 体重増加 5 ヶ月/妊婦 体重 グラフ/妊婦 体重 減らす/妊婦 体重管理 食事/妊婦 体重管理 アプリ/妊娠 体重増加 いつから/妊婦 体重 増えない/妊娠 体重 計算/妊娠 七 ヶ月 体重 増加 平均/妊娠 体重増加 ペース グラフ/妊娠七ヶ月 体重増加 目安/妊娠五ヶ月 体重 増加 平均/妊婦体重増加目安6ヶ月/妊娠六ヶ月 体重増加 平均/妊婦体重増加理想グラフ/妊婦 体重増加 7ヶ月/妊娠七ヶ月 体重増加 目安